RSS
 

朱肉比較

印鑑はキレイに捺印するのは意外と難しく、使用する朱肉でかなり左右されてしまいます。
今回はどの朱肉がキレイに押せるのか比較検証してみました。

まずは100円ショップの朱肉から。

朱肉比較
パッと見はかわいいのですが、使ってみると色も薄くカッスカスです。
これはちょっと使えないですね。。


朱肉比較
こちらも100円ショップの朱肉ですが、今度はシャビシャビでにじみます。
朱肉の面積が小さいせいか何回やってもどこかが欠けてしまいうまく押せませんでした。


朱肉比較
こちらも100円ですが、バラのモチーフで見た目にインパクトがあります。
しかし、、インパクトだけでした。
色は朱ではなくどちらかというと紫、インクもつかず、フタも乗せてあるだけで固定はできません。
今回の比較の中では最悪の朱肉でした。


朱肉比較
印鑑ケースと一体になったタイプも検証してみました。
商品的には印鑑ケースが主で朱肉はオマケだと思うのですが、朱肉の性能は100円ショップの中では一番良かったです。
でもちょっとにじみますけどね。。


朱肉比較
次は印鑑ケースについている【肉池】と呼ばれる朱肉を検証してみました。
肉池は他に朱肉がないときに使う簡易的なものなので、あまり常用はして欲しくないのですが
100円ショップの朱肉と比較すると全然肉池の方が性能がいいことが分かりました。


朱肉比較
こちらは「MAX 瞬乾プレミオ」という非常に評判の良い朱肉です。
評判通り朱のノリもすばらしく、ムラなくキレイに捺印できます。
色はちょっと赤が強く個人的には好きな色味です。
朱をつけすぎると若干ですがにじみを感じます。


朱肉比較
最後は「ツキネコ シュニック・エコ」です。
ムラやにじみがでないので、細かい部分も非常にキレイに表現できます。


以前はMAXの方を使っていましたが、今はシュニックをメインに使っています。

その理由は、MAXの方は朱肉の部分の編み目が印影に出てしまうからです。

朱肉比較
上図は捺印マットを使わずに押した印影の比較写真です。
MAXの方は印影に編み目が出ているのが分かります。
濃い部分の多いイラストでは結構目立ってしまうので、今は編み目の出ないシュニックの方を使用しています。


今回検証してみて一番に感じたことは、100円ショップの朱肉は「使えない」ということです。
ちょっと想像していた以上に酷い品質でした。

キレイに捺印できないと感じる方は、朱肉に変えてみるとキレイに押せるようになるかもしれません。
あと、捺印マットでも全然変わりますので、使ってない方は是非試してみてください。(*´∇`*)