RSS
 

イラストの描き方

意外かもしれませんが、しっぽと生活のイラストはほぼ手描きで描いています。
今回はイラストを描く工程を公開しちゃいます。


●工程-1【ラフスケッチ】

まず描きたい対象の写真を集めて下調べします。
そして特徴を考えながらラフスケッチを描いていきます。
【道具】
この段階で使う紙はコピー用紙です。
ペンは「penco」という芯の交換ができる色鉛筆を使うことが多いですね。
軟らかくてとても描きやすいです。(・∀・)


ペキニーズ1


●工程-2【下書き】

ラフのイメージが決まったら線を整理して下書きをします。
【道具】
紙はcopicの「MARKER PAD」という紙を使います。
インクがにじまないのでペン入れの時に重宝するのですが、、、お値段がちょっとね。(´・ω・`)
ペンは2B、0.9mmのシャーペンを使います。

ペキニーズ2


●工程-3【ペン入れ】

下書きが終わったらペン入れをします。
(左右対称の絵は半分だけペン入れします)
目はパソコンに取り込んでから描くのでペン入れはしません。
【道具】
ペンはcopicの「MULTI LINER」を使います。
基本0.5で描いて、細かい仕上げは0.1を使います。

ペキニーズ3


●工程-4【消しゴム】

ペン入れが終わったら「ねりゴム」で下書きの線を消していきます。
【道具】
消しゴムは「ねりゴム」を使います。
消しカスが出ないのがいいですね。

ペキニーズ4


●工程-5【取り込み】

余分な線を消した所でスキャナーでパソコンに取り込みます。
【道具】
パソコンはMacです。

ペキニーズ5


●工程-6【左右反転】

取り込んだら左右反転させて線画のベースを完成させます。
【道具】
フォトショップを使用しています。

ペキニーズ6


●工程-7【ライブトレース】

線画のベースができたら今度はイラストレータのライブトレースでベクターデータに変換します。
【道具】
イラストレータを使用しています。

ペキニーズ7


●工程-8【仕上げ】

イラストレータ上で目を入れ、線の太さを調節し、円の中にレイアウトします。
これではんこのイラスト完成です。(`・ω・´)ノ

ペキニーズ7